法多山の厄除け団子はどこで買える?通販は?

たっぷりのあんこと、5本の串が刺さったお団子。

見た目が印象的なこのお団子ですが、静岡県袋井市にある法多山尊永寺(はったさん そんえいじ)で売られています。

期間限定のお団子は売り切れ御免の人気商品で、お団子食べたさに年に何度も法多山に足を運ぶ人もいるんですよ。

ここでは、

  • 厄除け団子はどこで食べられるの?
  • お店の営業時間は?お団子の値段は?
  • 通販で買える?
  • 季節限定商品はいつ買えるの?

こんな疑問についてまとめたいと思います。

厄除け団子は法多山のどこで食べられるの?

法多山尊永寺には境内にだんご茶屋があり、そこで厄除け団子を食べることが出来ます。

自然豊かな境内を眺めながら、ゆったりとした気分でお団子を食べることが出来ますよ。

だんご茶屋の営業時間は?厄除け団子はいくらで買えるの?

だんご茶屋の営業時間はおみやげ販売が8時から17時まで。

茶屋で食べる場合は16時30分までとなっています。

今年の休業日はすでに終わっていて、年末まで休まず営業のようですね。

厄除け団子は一皿200円で買うことが出来ます。一皿に2カサ(5本串の団子が2つ)のっかっています。

お団子は残念ながら通販はやっていません

厄除け団子は期間限定の商品もある、売り切れ御免の人気商品

オーソドックスなお団子の他に、厄除け団子には期間限定のお団子もあります。

「茶だんご」

袋井市で作られたお茶を練り込んだ 「茶だんご」。毎月一度、「功徳日」にだけ限定販売されます。

現時点での2020年の功徳日は10月19日、11月7日、12月19日となっています。

「栗だんご」

紅葉まつりの時期にだけ販売される栗団子は、 餡に栗がたくさん入っています。

こちらはお土産のみの販売となっています。

「さくらだんご」

ほんのりとさくら色をしたこちらのお団子は、さくらの開花時期の限定販売です。

お花見をしながら、お団子を食べるのも素敵ですね。

「みたらしだんご」

甘辛いたれがかかったお団子の王道、みたらしだんご。

法多山では、紅葉の時期だけの限定販売となっています。こちらは店内のみで、お土産はありません。 

おだんご屋さんのかき氷

おだんご+かき氷と贅沢な一品!

7月と8月限定です。

法多山はどの季節に行っても楽しめる!

お団子目当てで行くのもいいですが、法多山の手水舎にはコロナ対策として手水鉢にお花が生けられています。

お花を楽しむもよし、お団子を食べるもよし。

目でも口でも楽しめる法多山。ぜひ行ってみたいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください